« トマティーな日々は続く | トップページ | 浅田真央さんはやはり菩薩です。 »

2011年8月25日 (木)

遠出

トマティーな日々は一応収束した。
台所がスッキリしてほっとしている。
なにしろ白いタイルの壁のあちこちにトマトの赤い汁が飛び散り、布巾も赤く染まり、ガスレンジ周辺も赤くなっている。
さすがにこの間、トマトをカットして食べてみようという気は起らなかった。
終わって全ての調理用品を洗っていく。瞬く間に赤い色が失せていく。
洗っているうちに、ステンレスのボウルや流しのシンクがピカピカになっていることに気がついた。
そういえばだいぶ前からオレンジの洗剤が出回っている。
トマトに含まれる酸を調べてみると、クエン酸とある。オレンジもクエン酸だ。
ということは、トマトの洗剤も出来るということかしら?
イチゴジャムを作った後に洗い物をした時にも、台所周辺が磨きをかけたようにピカピカになりびっくりした。(イチゴは最強美白成分のエラグ酸)
果実に含まれる酸は洗浄作用があるということなのね。
そういえば、あのきれい好きのドイツの主婦達は昔から酢を使って台所を磨いていると言っていた。
まあ、良い香りの中で美味しいものを作り台所もきれいになって、一石二鳥です。
トマトが一段落したところで、さてきゅうりはどうなっているのか恐る恐る見てみた。

003.JPG

良かった、重石を載せたままほったらかしていたけれど良く漬かっている。
毎年収穫のピーク時には朝夕20本ぐらいずつのきゅうりが採れ、送ったり持って行ってもらったりしているが、それでも消費しきれず塩漬けにする。
ところが今まで一度として成功した試しがない。
原因は、塩が甘かったり重石が少なかったり漬け換えの時期が遅かったりということが考えられるが、いつも秋になってから軟化して果肉が崩れていることに気が付き、廃棄してきた。
今年こそ成功させるぞと気合を入れて、塩も濃いめの25%にし重石もしっかり載せた。
今のところうまくいっている。(内心ではやったー!という感じ)
これで漬け換えがうまく行けば、念願の自家製しば漬け、粕漬けが出来る。冬の食卓が豊かになる。

野菜の加工作業から解放され、気持ちの余裕も出来たので、今日は犬の散歩も橋を渡って遠出してみた。
周囲の人達から「暫くはあまり遠くへ出ない方がいいよ。」と言われており、久々の遠出だ。
橋の上から見る光景はすっかり様変わりしていた。
絶滅を危惧されている“ユビソやなぎ”が無残になぎ倒され地肌が露わになっている。一体この伊那川沿いの何本の樹が犠牲になったのだろう。

010.JPG

上の方に目を転じると、豪雨の時に土砂崩れが起きて埋もれてしまった家の周辺の土砂を重機が撤去しているのが見える。
この集落は以前にはここから見通すことは出来なかった。それだけ林(樹木)が失われてしまったということか・・・。
当時、屋根の半分位まで埋まっていた青い屋根の家は1階の窓も見えるようになっている。

023.JPG

空き地のあちこちにヒマワリが咲いている。
ヒマワリを植えると放射能で汚染された土壌が浄化されるということで、町ではヒマワリの栽培を推奨している。
ヒマワリの根がセシウム137を、花がストロンチウムを吸収するそうだ。
ヒマワリはチェルノブイリでも大量に植えられている。

006.JPG
一面に広がる美しい田んぼには稲穂が実り、頭を垂れ始めている。
021.JPG
栗が沢山の実を付けている。今年はやっぱり栗の豊作だわ。
014.JPG

帰り道で“湯ら里”の駐車場から出て来た車が近付くと私達の前ですっと止まった。
あれ、幹男さん、どうしてこんな所にいるのかしら。
幹男さんは叶津集落の川の近くに住み、折を見ては叶津番所に顔を出していた人だ、。
先月の豪雨で家が流されはしなかったものの半壊し、とても住める状態ではなくなり、始めは叶津番所に避難し、その後只見小学校に移ったはずだった。
「今は只見中学校の避難所にいるんだよ。宿泊招待できのうから湯ら里に来ているんだ。明日チェックアウトになるんだ。」と力無げに語った。
1か月近くの転々とする避難所生活のせいか、少し疲れて見えた。
一番疲れの出る時期かもしれない。
町もいろいろ配慮してくれているのだなあと思った。
幾多の過酷な状況に遭いながらも必ず再生し、何千年、何万年と命の営みを続けてきた自然の逞しさ、それに引き換え人間のなんと脆いことよ、とその対比がとても哀しく思われた日でした。

« トマティーな日々は続く | トップページ | 浅田真央さんはやはり菩薩です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠出:

« トマティーな日々は続く | トップページ | 浅田真央さんはやはり菩薩です。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ