« 桜だより | トップページ | 続 春を探しに »

2013年3月20日 (水)

春を探しに

カナダのロンドンで行われた「世界フィギュア選手権 2013」は一昨日に閉幕しました。TVで放映された分は全部見ましたが、今回の観戦は本当に疲れました。終わったらグッタリしてしまって、昨日一日休養を取りました。(一番疲れたのはもちろん選手たちですが…。)
日本では録画したものをゴールデンタイムに放映したのでもうすでに結果がわかっていて確認のための観戦という感じでしたが、コマーシャルが多くて限られた選手たちの演技しか見られなかったのでそれもちょっといらいらしました。
結果は男子では四大陸をスルーして今大会に備えた地元のパトリック・チャンが優勝、女子では2年ぶりに国際大会に復帰した韓国のキム・ヨナ選手が優勝しました。チャン選手は今シーズン調子が今一つと言われていましたが、滑らかなスケーティングに加えて情感たっぷりに表現する力もアップしてまた王者が戻って来たという印象を受けました。驚いたのはヨナ選手です。ブランクが長かったのでフリーで体力が持つかどうかなどと囁く声もあったのですが、ショート、フリーとも完璧に揃えてノーミスで滑りきりました。おそらく試合で表面に出なかった期間も休まず必死に鍛錬していたのだろうなあと思わせるようなすごい演技でした。何よりも2人はきちんとピークを合わせて来ている、そこがすばらしいと思いました。
日本の選手は男女とも表彰台は確実という前評判でしたが、結果的には浅田選手の銅メダル1個に終わりました。ちょっと寂しい気もしますが、スケートを1から見直し、2年かけてようやくここまで戻って来た、浅田選手にとってとても価値あるメダルだと思います。
それにしても波乱万丈の大会でした。
1日目の男子シングルでリンクに立った羽生選手を見た時には「あれっ、どうしたの?」と思いました。顔色が悪くて表情も硬い、前の大会の時より痩せたような気もするし…。放送で初めて左膝を怪我していることを知りました。2月の日本での試合の後にカナダに帰ってインフルエンザにかかり10日間休み、遅れを取り戻そうと焦って練習して膝を痛めたということでした。そして後で知ったことですが、リンクの6分間練習で転倒して右足首も傷めたのです。そんな絶不調の状態での演技には覇気も感じられず転倒ミスがあり、まさかの9位。本人はただ「悔しい、悔しい。」と言っていましたが…。
前もって体調が悪いことも殆ど練習が出来ていないこともわかっていたのにどうして出場させたのだろう、こんなに調子が悪かったらフリーを棄権する選択だってあると思いましたが、本人がどうしても出ると言って周りの制止を聞かなかったということも後で知りました。ショートが終わった時点で日本のオリンピック出場枠3人獲得が厳しい状況(ぎりぎり)になっていました。今更引くに引けないし、これが原因で怪我が悪化したらどうしようなどと考えて眠れない夜を過ごしました。そして翌日のフリー。羽生選手、本当に良く頑張りました。根性だけで滑っていたというか…。
すっかり母のような気分になっていた私でした。帰国後の精密検査の結果、今日日本スケート連盟から「1ヶ月の安静が必要と診断された。」という発表がありました。怪我とどう付き合っていくか、そして無理をしない(セルフコントロール)、が今後の羽生選手の課題となってきますね。
思うにフィギュア王国日本の国内の争いは熾烈なものがあります。皆重要な国際大会に辿り着く前に国内大会で消耗してしまっている。今後はピークの調整がコーチ、選手、そして日本スケート連盟の課題になって来ると思います。
浅田選手の演技が終わった後で、佐藤信夫コーチは「まだ道半ばです。」と言っていました。ということは、まだまだ伸びしろがあるということですね。今大会を通して浅田選手のソチオリンピックでの目標ははっきり定まったと思います。「ノーミスで演技を完成する。」ということ。佐藤コーチは「ぎりぎり間に合うかどうか。」とも言っていましたが、頑張り屋の浅田選手のことですから、必ず仕上げて来るでしょう。
今大会の順位には私は特に異論はありません。でも終わった後でどうもスッキリしないのです。フィギュアスケートという競技は好きで、ずっと応援してきました。でも、もうフィギュアは見ないようにしようかなと思ったほど落ち込みました。
採点競技ですからある程度主観が入って来るのは否めません。技術的なことは全くの素人の私にはわからない、専門的な細かい見方もあるでしょうしと思って受け入れようとするのですが、それでもどうも大人の事情というのがちらついて見えるのです。過去に採点の不正疑惑が浮上し、その改善のためにルール改正が行われましたが、未だに不透明なまま、むしろひどくなったように感じました。同じことをやっても評価が違う、採点に整合性がないというか・・、これでは選手たちのやる気も失せてしまいます。それでも健気に頑張っている選手たちを見ていると辛くなってきます。日本ではフィギュアは人気があり、アイスショーや試合などでは会場がすぐ満席になりますが、海外ではフィギュア離れで空席が目立つそうです。この不透明性が改善されない限り、フィギュア離れは益々加速するでしょう。
ISU(国債スケート連盟)の組織が変わり今のジャッジングシステムが見直され、誰もが納得いくものになることを切に願う一人ですが…。
日本には、不可解な採点を究明してフィギュアスケートが公明正大なスポーツとして多くの人から信頼が得られるようにと、FPU(フィギュアスケート保護連合)が立ち上げられています。(2010年)
いろいろなことがありましたが選手たちには収穫の多かった試合ではなかったかなあと思います。
ソチオリンピックまであと1年を切りました。日本の男女出場3枠獲得、本当におめでとうございます。日本選手の皆さん、怪我のないようにソチを目指して頑張ってください。
私もソチまでは一生懸命応援していきます。(ソチで引退する選手も多いようですし、ソチ後は見なくなるような気もしています。)
世界フィギュアが終わると私の気持にも区切りが付いて、いよいよ春到来とばかりに動き始めます。
今朝は今年初めて深い朝霧が立ち込めました。10時頃から軟らかな陽が射し始め気温も上昇して来たので、犬の散歩を始めがてら春を探しに行くことにしました。その詳細はまた明日に…。
探しに行かなくても家に春がもう来ていたことに戻ってから気が付いたのですけどね。
IMG_8390.JPG
家の中では梅が咲き始めました

« 桜だより | トップページ | 続 春を探しに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を探しに:

« 桜だより | トップページ | 続 春を探しに »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ